プライバシポリシー
マクロミルへ登録

2007年02月15日

スキンケアコスメ【パンベシュ】

パンベシュ アンベリール モイスチュアリキッド EGF美容液
医療分野で皮膚再生に使われてきたノーベル医学生理学賞受賞の最先端成分「EGF」を化粧品の分野で実用

 EGFとは、アメリカの生物学者スタンレー・エー博士により発見された”上皮細胞増殖因子”のことで、
EGFが販売開始された当時は、1gで 8000万円もする高価な成分でした。
EGFは、肌細胞を生み出す増殖細胞と結びつき、新しい細胞の生産を促進するタンパク質の一種です。
肌細胞を新しく作り出す働きがあることから、やけどや床ずれ治療、
レーザー照射後のケアなどの医療分野において幅広く使われてきました。
この発見によりコーエン博士は 1986年にノーベル医学生理学賞を受賞。
EGFは、もともと人間にある成分なのですが、年齢を重ねるにしたがってEGFの分泌量は減少し、
細胞の再生が遅くなり、肌は老化していきます。
EGFとターンオーバー

健康な若者の表皮細胞の再生周期、いわゆるターンオーバーは約28日周期ですが、
25歳を過ぎたお肌はこの再生周期が4週間から、6週間になってしまいます。

EGFを肌に塗布すると、まずターンオーバーを正常に近づけることができます。
また増殖細胞と結びつき、コラーゲンなどを増殖させ、ハリのある肌を内部からつくりあげてくれます。
年齢とともに低下する肌本来の力を助け、皮膚細胞の申新生促すことができるのです。

パンベシュ化粧品

posted by 諸葛 家康 at 23:04| 無料資料請求